どんな料理にも万能な調味料

私が毎日使っている便利調味料のおすすめは、「カマダのだし醬油」です。こちらは鎌田醤油というメーカーの商品で、その名の通りだし入りの醤油です。白だしよりは薄口醬油のような商品ですが、だし入りなのでこのだし醤油を使うだけで味に深みが出て、しかも醤油の塩分も含まれるためしっかりと味が決まります。特別なクセが一切ないシンプルな醤油で、どんな料理にも使うことができます。だしはかつお節、さば節、昆布から。しっかりとアミノ酸が溶け込んで旨味が凝縮しています。最近、めんつゆを利用したレシピが人気を呼んでいますが、このだし醤油はめんつゆのような使い方をすることも可能。めんつゆのように濃縮ではないので、そのまま使うことができます。和食を作る際にはもちろん大活躍。煮物をするのにこのカマダのだし醤油を使えば、色を美しく黄金色に保ったまま、美味しい煮物にすることができます。また、和食にとどまらず、洋食メニューにも役立ちます。たとえば、ミネストローネを作っているとき、最後に一味足して味を決めたい、少しまろやかさを足してトマトの角をとりたいということがあると思います。その際にもこのだし醤油を少し回しかければ、どちらの希望も叶います。たくさんの調味料を冷蔵庫に保管するよりも、このだし醤油を1本常備しておくだけで調理の幅がぐっと広がります。