時短調味料で毎日の食事を楽に

毎日の食事を簡単にするためには前日に仕込みをしなくてはならないことが多いかと思います。しかし、前日の仕込みなども手間だと思う人も多いのではないでしょうか?そんな時は時短調理・ついで調理を料理に取り入れる考えをもつと毎日の料理が楽しくなるかと思います。

時短調理とは

時短調理というのは名前の通り調理時間を短縮する調理方法です。昔の料理はてまひまをかけて一品を作るのが基本のように言われていました。今は時間に追われている人が多く、また一人暮らしの人も多い。なるべくつくるものが時間がかからないものが好まれるようになりました。時短調理につながることは「使用する調理器具の数を減らす」「調味料での味付けが簡単になる」「加熱時間を短縮する」などがあげられるかと思います。調理器具を少なくなるように工夫している調味料は今一番多くなっていると感じます。また調理方法少し変えることでも調理時間の短縮を計れます。

ついで調理とは

毎日の食事と一緒に同じ食材を用いて料理の工程を変えたり、味付けを違うものに少し変えたりしてついでに別の料理を作ってしまうことです。または違う食材を同じ味付けで一緒に作ることもついで調理ともいえます。また食材の余りなどを瓶に詰めて、合わせ酢につけるだけで簡単煮ピクルスなどを作ることも可能です。

これら二つの調理を少し意識すると料理の難易度も下がる場合もあり、難しい料理もこうすれば簡単に出来るなどレパートリーの増加にもつながります。自分が楽をする気持ちをもって料理をしましょう。