お酢は時短料理の天才

毎日たくさんの美味しい料理を作る中で、特にお子様が居るご家庭や働き盛りの夫が居る場合は、野菜を意識してご飯を考えるお母さんが多いと思います。うちも正にそうなのですが、毎日栄養面を考えながら野菜を料理に取り入れるのは意外と大変なものです。そこで通販のお酢で毎日簡単に野菜を美味しく、しかも時短でメニューに入れることができる方法をご紹介します。お酢は酢の物として使うイメージが強いのですが、実はお酢で野菜の一度マリネやピクルスを作っておくだけで、手を抜きながら毎日の野菜を美味しく摂ることができるのです。お酢は毎日のご飯に取り入れるだけで、脂肪燃焼を助けたり疲労回復を促したりと身体に嬉しい効能が沢山詰まっています。お酢は野菜の甘味を引き出す効果もあるので、野菜に漬けるだけで一石二鳥な調味料なのです。作り方も簡単で、お酢に砂糖や醤油を加えるだけで液が作れますし、それにゴマやシソ、鰹節やショウガを混ぜることで、味変も簡単にできます。そのまま食べるのはもちろんですが、野菜を刻んでおくとお肉や魚のソースとしても使えるので非常に万能な調味料としても使えるのです。時短で豪華な料理が作れるので、お酢は時短料理の天才といえます。

野菜を多く摂ることができるお酢は野菜以外にも魚料理や肉料理にも役に立ちます。特に小あじの南蛮漬けを合わせ酢なら簡単に作れてとても便利な調味料です。お酢で煮ればあじの骨も柔らかくなり、非常に食べやすいです。これはお酢の持つ酢酸が、食品がもつカルシウムを溶かしやすくするというのが理由みたいです。なので、骨付きの鶏の手羽元などもお酢で煮ると軟骨部分がほろほろと崩れるように凄く食べやすくなるのです。小あじなどの魚料理や鶏の手羽元などをお酢で一度料理をしてみてその便利さを体験してみていただきたいです。