ピリ辛合わせ酢で疲労回復

日々の疲れをどうやって癒していますか?仕事や運動をした後は、少し食欲が減退することがありますね。お酢を使えばそんな時も、しっかりと食事をすることができます。たまたま見かけた通販で買った簡単な合わせ酢はは酸っぱさをそんなに感じさせないのでお酢料理でも食べやすい一品です。合わせ酢で作るお酢で簡単に調理できるレシピももたくさんあります。

体力づくりとお酢

座りっぱなしの生活をしていると、足腰が直ぐに弱ります。若い時はいいのですが、年を取るほどその肢などを鍛えることが大切ですね。そんな時、時々運動をするようにしましょう。運動をすると、代謝を良くすることが出来るので老廃物を排出しやすくなります。運動をすることにより、疲れるということもありますがしないとますます疲れやすくなるので、体力作りのためにも動くことが大切ですね。
その時、毎日続けることができるように食事を工夫します。運動には、その疲れた体を速やかに回復させるためには、タンパク質を取ることが大切です。筋肉を動きやすくすることと、傷ついた筋肉を修復させることができるのです。
ここでは、その運動後に食べたい料理についてご紹介します。

・ピリ辛酢
お酢は、クエン酸の働きにより疲れを取る働きがあります。そのため、積極的に取りたい調味料ですね。そのお酢は、和物として使うことにします。その一つに、ピリ辛酢があります。それは、お酢と醤油、唐辛子の刻んだものなどを入れるのです。胡椒味が好きな人は、胡椒を入れてもいいですね。
そしてそれらを混ぜ合わせると、ピリカラ酢にすることができます。いろいろなものをその調味料であえることができます。

・鳥のササミのピリカラ酢和え
鶏肉は、良質なたんぱく質なので積極的に取りたいですね。その時、脂肪分をあまり取りたくないという場合は、脂肪が少ないササミか胸肉にしましょう。一番少ないのは、なんと言ってもささみ肉です。
そのささみ肉を少し茹でて、小さくさいたものとピリカラ酢と和えます。するととても美味しいです。たんぱく質もしっかりと取ることができるし、なんと言ってもパンチのある味がつい食べ過ぎてしまうほど食欲を刺激します。